水素をお風呂で使う健康法|健康効果と美容効果が同時に得られる炭酸水の実力

健康効果と美容効果が同時に得られる炭酸水の実力

水素をお風呂で使う健康法

入浴

皮膚浸透と蒸気で取り込む

水素風呂に含まれる水素の濃度は0.1ppmから1.2ppmほどで、乳児から子ども・妊婦さんでも安心して入浴することができます。好転反応が現れる方もいますが、副作用が出る可能性はないといわれているので害はないものです。水素は水素水によって健康に良いと知られるようになったので口から入れないと体内に取り込めないと思われていますが、皮膚に直接的に触れる時間が長いと皮膚から体内に浸透します。そのため、飲むではなく浸かるといった水素風呂では水素を体内に入れることができるのです。また、気体になる性質もあるので水素風呂を行うと蒸気にも水素が含まれます。水素風呂では皮膚からの浸透と呼吸による取り込みで水素が体内に入るので、水素による健康効果を得ることができます。

健康の他に美容にも良い

水素風呂を活用する人は増えていますが、その理由は飲むより美容効果が現れやすいといわれているからです。皮膚表面から浸透することは化粧水などをつけることと一緒なので、肌に直接的な働きがけが行われやすいとされます。水素による美容効果は、美白・シミ予防・シワ対策があります。アンチエイジングにも有効なので、年齢問わずおすすめできる存在です。肌関連では他に、アトピーにも効きます。アトピー治療に関する臨床実験で水素風呂が用いられたことから、アトピー改善のために行う方が増えたようです。美容関連では、ダイエット効果もいわれています。脂肪類の代謝促進をするので、脂肪燃焼や脂肪酸の蓄積を予防する効果が明らかになっています。